一般歯科

歯には、お口の中に面している硬い部分「エナメル質」と、エナメル質の内側にある柔らかい部分「象牙質」があり、そのさらに内側に「神経」が通っています。

虫歯はまず、歯の表面のエナメル質に付着した歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって侵されてできます。一旦進行すると自然治癒することはなく、歯の表面に穴があいてしまいます。

進行は「エナメル質」→「象牙質」→「神経」の順に進んでいき、最後には歯の周りの組織まで侵襲して抜けてしまうこともあります。

虫歯の治療は、虫歯を発見した時点での進行の段階によって治療の内容が決まっていきます。 早めに発見でき対処すれば簡単な処置・治療ですみますが、歯の神経まで虫歯が進行してしまうと神経を取る、最悪の場合は歯を抜く、などの処置を取らざるを得ない状況になることもあります。 そのため、早期発見・早期治療が何より大切です。

当医院では、虫歯の早期発見のための定期健診や予防のためのクリーニングをおすすめし、最終的には皆様自身がお口の中の状態をコントロールできるようにしていく事を目標としています。

進行 治療法
C1
エナメル質の虫歯
エナメル質が溶けはじめ、黒くなりはじめます。自覚症状は少ないか、全くありません。 虫歯の予防の処置に留めるか、若干削り詰め物をします。
この段階で発見できれば痛みもなく、治療も早く終わります。
C2
象牙質の虫歯
エナメル質の下の象牙質がまで虫歯が進行してきます。冷たいものや甘いものでしみてきます。 虫歯なってしまった部分を取り除き、詰め物をします。
虫歯の範囲が大きい場合にはかぶせ物をする場合があります。
C3
神経まで進んだ虫歯
虫歯が歯の中の神経まで進行してしまいます。何もしなくても激しく痛みを感じます。神経が死んでしまうと症状はピークをこえ一時おさまりますが、神経が膿んでしまいます。 歯の神経が感染してしまっているので、神経をとる治療をし、土台を作りかぶせ物をする必要があります。
C4
歯根まで進んだ虫歯
神経は死んでしまい、痛みはなくなりますが、神経が化膿し、根の先まで感染が広がります。症状は根の先の膿ができてくるに伴なって痛みが出てきます。 抜歯が必要になるケースが多くあります。歯を抜いた際にはブリッジ、入れ歯、インプラントなどで歯の機能を回復します。

妊娠中の方へ ~妊娠中のお母様のお口のケアーについて~

妊娠の可能性がある方・妊娠中の方は大切なお子様のために必ず事前に申し出てください。 担当医と事前に十分にご相談し、納得した上で治療をうけていただきます。 もちろん自覚症状の有無は問いませんので気軽に来院していただければと思います。

  • ホルモンバランスの関係
  • お口の中の菌のバランスの関係
  • 食事の回数の増減
  • つわりによる、お口の中の酸性傾向
  • 生活習慣の変化でブラッシングをおろそかにしてしまう

この他にも多くの原因がありますが、妊娠中の方はお口の中のトラブル、特に歯ぐきの炎症が多くなりがちです。

原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。 治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。 妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみにとどめる場合があります。 大きな処置が必要な場合は、産科医と連携の上処置を行う場合もあります。

当院では、妊娠の可能性がある方・妊娠中の方でも安心して治療を受けてもらえるように、レントゲン、治療中の体位、麻酔・投薬する薬剤など熟慮し、適切な診療を行っております。

もちろんストレスの面でも妊娠中に歯科治療をうけることがないことがベストです。そのためには、お口のトラブルを未然に防ぐということも一つの方法です。

お口の中に自覚症状がない方でも、気軽に来ていただき担当医にご相談ください。