小児歯科

お子様のお口を健やかに育くむためには、乳幼児からの取り組みが重要です。 お子様の将来のために、『虫歯にならない環境作り』を一緒にしていきましょう。 疑問・質問があったらその都度説明をしますので、気軽にご相談下さい。

『将来しっかり噛めるようにすること』

当医院での小児治療はこのことを第一の目標にしています。 そのため、年齢、性格、お口の中の状況、本人・ご両親のお口の中への意識等を考慮し、数年先を見据えた治療を計画し提案していきます。

処置では 『できるだけ体に侵襲性の少ない方法・材料(水酸化Ca、3Mix)を用いた治療』 『アレルギー対策のため極力金属を使用しない治療』 『小児に適した薬剤の使用』 を心掛けて行っております。

『歯医者さんになれてもらう』

小児歯科の治療においては、処置と同じくらいこのことが重要だと考えます。 毎回涙を流しながらの治療で歯科医院が嫌いになってしまってはまた虫歯になってしまいますし、大人になっても虫歯を放置してしまいがちになってしまいます。

当医院では『歯科恐怖症にならない為の、段階をふんだ治療』 にも取り組んでおります。

小児歯科の予防

虫歯の治療がおわったからといって油断してはいけません。 小児は体の成長・変化が早いので、『早めの定期チェック』が必要です。 永久歯に比べ乳歯は虫歯になりやすいものです。 それを未然に防ぐには 『定期的な健診』 『ご両親の仕上げ磨きも含めた、年齢・時期にあったブラッシング指導』 『フッ素塗布、シーラント処置』 主にこれらの取り組みが必要になります。

※ フッ素とは?
フッ素を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれて歯の結晶(アパタイト)の一部となります。→再石灰化 フッ素を含んだ歯の結晶は、虫歯菌の出す酸に対してより強くなります。 ですからフッ素を適切に使うと、歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。
定期的に塗布しないと効果がありません。(永久歯列への交換期は特に) 検診に合わせて3~4ヶ月ごとに行なうことをおすすめします。

※ シーラント処置とは?
「奥歯の噛む面のみぞ」は、食べカスやばい菌がたまりやすく、ムシ歯に大変なりやすいと言われています。 「シーラント」はこの「奥歯の噛む面のみぞ」を埋めて、ムシ歯菌が入り込むことを防ぐ材料です。

妊娠中の方へ