歯周病

『すべての歯の基盤』

健康な歯はもちろん、かぶせ物をした歯、一部的に樹脂を詰めた歯、差し歯にした歯、入れ歯のバネが引っかかる歯、歯が抜けてしまった部位へのインプラントなど、様々な歯の土台になっているものはすべて、歯ぐきとその下にある骨です。 歯周病とは、歯の表面にプラーク(歯垢)がたまり、その中の歯周病菌が増殖することによって、歯を支える土台である歯ぐきや骨を侵襲していくことです。 病態が進むと土台はもろくなり、歯は揺れ始め、最終的には抜けてしまうこともあります。 特に歯周病で注意したいことは、日常生活をおくるうえで自覚症状が少なく、気がついた時には歯周病が重度に進行してしまっていることがあります。

進行
健康な状態
歯の周りに歯垢や歯石が少なく、歯ぐきがひきしまっている状態。歯を支える骨の吸収もみられません。
軽度~中等度歯周炎
歯の周りの歯垢や歯石が多く、歯ぐきが腫れてしまい、歯を磨くと出血します。歯を支える骨の吸収が見え始め、歯が浮いたような感じがあります。口臭もではじめます。
重度歯周病
根を支えている骨がほとんど溶けてしまい、歯がグラグラの状態。歯ぐきが下がり、膿がでる・容易に出血してしまうなどの症状出てきます。痛みも伴ない、口臭もあります。

『歯周病と全身疾患』

歯周病は、お口の中だけでなく、全身へも悪影響を与えます。歯周病菌が血液を通じて体内に侵入することから、糖尿病や心筋梗塞といった全身疾患を引き起こしたり、お口の中の菌が肺炎の原因になることもあります。また、すでに全身疾患を患っている方は、さらに症状が悪化させてしまったり、さらに妊娠中であれば早産のリスクが高めてしまいます。

歯周病の治療

一口に歯周病といっても原因、症状を悪化させている原因は1人1人異なりますので、歯周病を治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていく事となります。

プラークコントロール

プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることを目的とした治療法です。 正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使い方を身につけて頂き、お口の中のプラークをコントロールする歯周病予防・治療の基本です。

スケーリング&ルートプレーニング

歯垢(プラーク)は毎日の歯磨き等で取り除く事が可能なのですが、実際には歯磨きの仕方が間違っていたりして完全に取り除けていないことが多く、歯垢(プラーク)は時間が経つと唾液に含まれたカルシウムなどにより「歯石」になります。 「歯石」は歯周病原菌の塊となって歯ぐきの上や歯周ポケット内に停滞し、歯周病をどんどん進行させてしまいます。 スケーリング&ルートプレーニングとは、こういった日々のブラッシングでは取り除けなくなってしまった「歯石」を除去し、病状を改善させます。 前に述べた通り、「歯石」は日々の歯磨きでは取り除くことが難しいので、予防歯科治療でも欠かせない治療になってきます。

合わない被せ物の修正

主な歯周病の原因は、「歯垢」「歯石」が停滞することは説明しましたが、形の良くない被せ物や、何年もたってしまって今の歯ぐきの形に合わなくなった被せ物もその原因になることがあります そのような被せ物を適切な形に修正することにより、歯周病を改善させる治療法です

薬による歯周病治療

歯周病は「歯垢」「歯石」あるいはお口の中にいる歯周病原菌による感染症といえます。 そのため、抗生物質を服用したり、直接歯周ポケット内に挿入して増殖した細菌を減少させていく治療も行います。

噛み合わせ、歯ぎしりの治療

噛み合わせが一部高かったり、歯ぎしりが習慣になっている方では、一部的に歯周ポケットが深くなっている場合があります。 噛み合わせの調整や、歯ぎしりが原因であればマウスピースなどを用いて治療を進めていきます。

歯周外科処置

上記の基本的な治療を行った後、それでも深い歯周ポケットが残ってしまう場合や、口腔内を清掃しやすい形に修正する場合に行う外科的処置です。

治療後のメインテナンス

1度歯周病になった人は残念ながら再び歯周病になってしまう可能性が高いので、再発を防ぐためにも定期的な「歯周病治療後のメインテナンス」が非常に重要となります。